雪月花の知恵袋その3 次はどいつが棺に入りたいかあ!

最近メルブラACが面白いです。でも、ボタン反応しないゲーセンは嫌いです。
一日中練習した蒼子先生のエリアルがしくじるわけないだろうがー
ついでに、対人戦での17分割運用がうまくなった気がします。今日だけで4回当てたぞー

さて、うちの三国志大戦資産も、あとシン皇后1枚で、魏SRフルコンプというところまで。
今回の知恵袋は、初心者さんに捧げる、「うまいデッキ構築」です。
同じレベルの玄人さんとか、持論の構築以外認知しないとか、ファンデッキの方以外が
今回主に読んで欲しい人々です。では、早速紹介してみましょう。

説明書とかで、いろいろデッキ構築のための知識はあると思いますが
まず重要なことは、基本その1「できるだけ単色で組むこと」です。
案外、おろそかにしがちなこの基本ですが、かなり重要です。
では、何故重要なのか。理由は一つ。「計略を一気に使えるから」です。
これは後々の説明で明らかになるのですが、「重ねがけ」が重要な計略は
かなり数があります。復色だと、どうしてもこまめに使わないといけないのです。

もう一つ重要なこと「最低でも二人は、高武力武将を入れること」
これも理由はとっても簡単。単純にパワー負けするからです。
逆に、高武力武将だけ、というのも、デッキバランスを崩壊しかねないので
あまりオススメはできません。呂布、馬超、張遼って感じに強いのだけ積んでも
見た感じからしてバランス悪そうでしょう?こんな感じになるわけです。

ついでに、1.5武将4人、1武将二人っていうのも基本的にNGとさせてもらいます。
単色で組みづらいのと、呂布サイズ一人に蹴散らされかねないからです。

そして、一番重要なこと「明確な勝ちパターンがあること」です。
これは無いと安定して勝つことができません。
なんとなく殴り合って、なんとなく勝つじゃダメなんです。
最初に説明した、計略を一気に使うことが、ここで重要になってきます。
まず蜀単ならば、ジョショの落雷を2連打すれば大抵の武将は瀕死か撤退になります。
魏単ならば、理想はSRカクの離間の計。2連打すれば、ほとんど反抗できません。
ですが、このあたりはやはりレアゲーの世界の中でのことなので、
初心者さんに真似しろ!と言っても無理な問題です。そこで私が提案するのは
UC法正、Rカクカの「後方指揮」重ねがけ、です。破壊力は実証済み。
ただし、これをやるには、単色デッキが前提になりますので
上記に挙げたことを守って、デッキを構築してみてください。
後方指揮のコストは4。上がる武力は3と、効率悪そうに見えますが、とんでもない。
考えても見てください。単純に武力上げるだけの強化戦法の起動コストも4です。
後方指揮は、複数の武将の武力を上げることができるのです。
これほど効率の良くて使いやすい計略は無い。
で、この後方指揮なのですが、自分が計略範囲に入らない関係なのか
「士気ゲージある限り撃ち放題」なのです。
ですので、士気12貯まったら、味方が全復活するのを待って、進軍、
そして、後方指揮を3回一気に起動。すると、範囲内の武将は全員武力9上がります。
ほとんど超絶強化ですね。しかも、知力8・9と時間もかなり長いです。
あと、後方指揮という名前ですけども、カードを横に倒した状態にすれば
横方向の味方武将を強くできます。あら使いやすい。

他にも「一家に一台は伏兵とか」「騎馬は多めに」とかいろいろあるのですが
そのあたりはデッキコンセプトによっても動くので、今は紹介いたしません。

本来ならば、ここでサンプルのデッキ構築を載せるところですが
デッキ構築を考えることも、練習の一つです。ここは頑張って
自分のデッキを、自分で考えてみましょう。

ただ、Cしか無い初心者さんとかは組もうにも資産がないので
使うC・UCなどは、シングルでも仕入れた方がいいと思います。
[PR]
by motiudon | 2005-04-17 01:37 | アーケード
<< 雪月花の知恵袋その4 ぐずぐず... くくく…愚昧な戦略を後悔するがいい。 >>